12月の異名「師走」

「師走」とは、「師」つまり、先生やお坊さんでさえも走るくらい忙しい月が由来とされています
そのほか、年が果てる(終わる)という意味の「年果つ(としはつ)」が変化したとする説もあります

 

12月の異名は他にも
除月(じょげつ)
初梅月(うめはつづき)
春待月(はるまちづき)
暮古月(くれこづき)
乙子月(おとこづき)
などがあります

1年の終わりの月であり、新しい月に想いを馳せる月
忙しくても、大切に過ごしたいですね

#子どもに伝えたいこと
#霜月
#異名
#伝統
#歴史
#人間力
#徳育検定
#DOUTOKU

タイトルとURLをコピーしました